リーダー育成コラム

リーダー育成コラム詳細ページ

2021-02-18
部下の成長を促そうとしたらハラスメントと言われた。叱り方の間違いはコレ!

あなたは、部下の叱り方に自信がありますか?

成長を促す叱り方のポイントは抑えていますか?

リーダーは叱ったつもりでも、後日ハラスメントを受けたと言われた経験はありませんか?

 

ハラスメントと言われないために、叱る時には特に注意しておきたいポイントがあります。

 

近年、ハラスメントと言われるのが怖くて、益々部下とのコミュニケーション量が減った、誤解を招く可能性があるので必要以上のことは話さないといった、職場のコミュニケーションレスが問題になっています。

今日は、リーダー自身も成長するために、部下を育成する力の内、最も難易度が高い、叱り方について解説します。

成長を促す叱り方とハラスメントの境界線はココ!

部下を叱る時、以下のような言葉を発したことはありませんか?

・もう限界。きみは、何度言っても直らない。こっちの気がおかしくなりそう。

・きみは、話にならない程、ミスばかりしている。本気で仕事に取り組んでいるようには見えない。

・もうきみは、私の手には負えない。お手上げ状態だ。

・長年この仕事をしているが、きみのような人間にはあったことがない。

・きみは、期待に応えようと真面目に取り組んでいるようには全く見えない。

 

ーーーこれらの発言には、上司の諦めの気持ちと共に、部下を「ダメ人間」だと伝えているように聞こえる、人格否定されたと受け取られるニュアンスを含んでいます。

このような発言を何回も言われ続けることで、部下は「自分には能力がない。人としてもダメ人間だ」と思い込んでしまう可能性があり、ハラスメントを受けたと言われる可能性があります。

きっと、このような発言をしているリーダー自身の心も、非常にイライラした状態で発していることと思います。

管理職である限り、部下を育成すること、成長を促すことも仕事です。自分から諦めず、成長させるには何が必要かを一緒に考えられるリーダーであってほしいと思います。

 

部下を叱る時には、愛を持って接し、成長の期待を言葉にすること。

「理想の上司の行動に関する調査」という調査結果によると、

1位……「頑張りを見て評価してくれる」(66.1%)
2位……「意見を聞いてくれる」(65.1%)
3位……「ビジョンや方向を示してくれる」(60.3%)

といった結果が出ています。

この結果にある通り、まずはポジティブフィードバックを心がけましょう。否定のメッセージは部下がすぐに耳をふさいでしまい、本来届けるべきリーダーのメッセージが上手く届かない可能性があります。

 

叱る時には、

1.部下と個別に会う(大勢のまえで叱責しない)

2.許容されない行動・仕事ぶり・態度に話題を絞る

3.人格否定をせず、リーダー自身もイライラしない状態で接する

 

という3原則をまずは覚えておきましょう。

例えば、

NGパターン:きみは、話にならない程、ミスばかりしている。

本気で仕事に取り組んでいるようには見えない。

 

OKパターン:ちょっとミスが目立っているように見える。

改善方法について、きみ自身がどんな対策を取ろうとしているか聴かせてほしい。

といったように、部下自身に考える視点を持たせる表現方法を意識しましょう。この例のNGパターンの後半、「本気で仕事にとりくんでいるようには見えない。」という表現は、リーダー自身のイライラ感情をぶつけただけの表現です。叱る時は、冷静に、客観的に状況を捉えて言葉を発しなければ、個人攻撃になりやすくなります。

 

部下は、褒めることも、一緒に話し合って考えることも、求めています。褒めるだけの上司だと、「指摘されないのも怖い」と部下は思っています。

私のお勧めは、新人の場合、褒める4に対して叱る1の割合。

中堅社員の場合、褒める3に対して、叱る1の割合。

リーダー自身も叱るのは非常に勇気がいることです。

伝え方を間違えると信頼関係崩壊の危機が、、、と考えるでしょう。

一番大切なのは、部下に対する「愛情」を持ち続けることです。

 

 

一覧に戻る

お問い合わせ

お客様のニーズにあわせて、最適なサービスをご提供致します。
詳しくはお問い合わせください。

  • 平日9時~17時(土日休)

    03-6757-7006
  • お問い合わせ お申込みはこちら