導入事例

導入事例詳細ページ

若手リーダーが発揮するリーダーシップを伝授【場づくり会議実践研修】

業種 医療・介護系 従業員数 30名

課題

■会議でみんなの意見が出やすい環境を整えたい

■会議で先輩部下がしゃべり続ける環境を変えたい

■会議で話し合う議案を積極的にだしてもらえるようにしたい

■会議の目的から議論がズレてきた場合の修正方法をしりたい

row

提案や研修内容

実施回数:4時間×2回 対象:若手リーダー5名 集合型研修

■自チームの日常的なチームミーティングの振り返り

■会議の事前準備と当日の進め方・振り返りのステップづくり

■疑似会議で現状の課題を整理

■ファシリテーションスキルの基本を押さえる

■場の空気を変える質問を効果的に活用する方法

row

成果や効果

研修前に、若手リーダーの担当している各チームのミーティングに参加し、現状の確認を行いました。会議の場を良くしたいといった問題意識を持つ若手リーダーは非常に多くいらっしゃいます。

会議に対する改善が必須だと思われる理由の背景として、

「長年部下として参加してきた会議の場が、非常に時間の無駄に思えていたから。自分がチームリーダーになった時にはこの無駄を絶対になくしたいと強く思っていた」という気持ちを打ち明けてくれます。

 

今回も、このご意向を踏まえ、2回に分けて研修を実施させて頂きました。特に気になっていたことは、「会議の事前準備」の必要性について、メンバー全員がその意識を持ち合わせていない事でした。

議案は会議前日に決まり、実際の会議では「最後にリーダーが決めて下さい」と言われ、全員の話合いの場になっていなかったこと、結果的にトップダウン型のような場になっており、知識や経験の浅い若手リーダーとしては、決断を迫られても決められないといった状況になっていました。

全員で話し合える場で、会議を活性化させるためには、

1)事前準備を徹底し、個々の意見を持ってきてもらうこと

2)会議の場でリーダ―が決めてくださいと言われる前に、

  1つずつ全員との合意形成を行いながら進行すること

3)1つずつメッセージに目的を追加して話す事

4)まとめ上げる、要点を整理するアプローチを加える事

など、ポイントを細かくお伝えし、疑似会議の演習ワークでは、細かなフィードバックを出し、修正を加えながら会議の質を上げて頂けるよう、丁寧に進めていきました。

 

研修の2回が終わり、再度チームミーティングのオブザーブをさせていただきましたが、当初若手リーダーが悩んでいた「最後はリーダーが決めてください」が全く出て来なくなり、全員で意見を言う場を設けて実践されていました。劇的に変わったと感じたポイントは、参加者全員が集中して会議に参加していた点です。

落ち着きがない、PCで他の事をやっているなどの雰囲気はなく、真剣に意見交換をしていることが、大きな進化となり、結果的に細かく設定されていた会議の量が、1/3まで減らすこと繋がり、短時間で効果的な会議を行えるようになりました。

 

【その他の研修事例はこちら】

コーチングでビジネス脳を育てる!若手人材育成研修

https://www.hitospice.com/example/20191108-477/

部下をまとめる力は場を作る力をもって解決!

働き方改革場づくり研修

https://www.hitospice.com/example/20190926-436/

働き方改革促進!初めてリーダーのチームマネジメント力を向上させる~柔軟思考力研修~

https://www.hitospice.com/example/20190921-428/

担当講師からのコメント!

当社は常に「クライアントと共にある」という気持ちを大切に、人材育成支援に関わらせて頂いております。従って、研修登壇のみで関わるのではなく、研修導入前に現状を見せて頂ける場合は、社内の雰囲気を見学させて頂いたり、会議のオブザーブをさせていただくなど、企業様にとって一番解決したい真の課題を自分の目で確認することを大切にしています。

研修をどこの企業に依頼するか?は、企画をご担当される方にとって大変重要ですが、何を基準に選んでよいかも判断しずらい点が挙げられます。以前、セミナーに行ったことがあったり、著書を手にしたことがあるなどもきっかけになると思いますが、伝え方が分かりづらい、指摘ばかりが繰り広げられ、研修導入で社員のモチベーションを下げてしまうこともあります。

講師選びはとても重要だと思います。

講師がどんな研修をやっているのか知りたい、一度会って話をしてみたいといったお問合せも大歓迎です!お気軽にお声がけください。

導入事例一覧に戻る