導入事例

導入事例詳細ページ

自社ブランド理解と販売力強化を実現する2年次育成研修(オンライン実施)

業種 食品業 従業員数 1,000人

課題

■訪問商談が難しい状況下で商談を成立させる営業手法を考えたい

■遠方営業で訪問が難しい場合の営業スタイルを確立させたい

■自社ブランドの強みを意識したセールストークを考えて欲しい

■業界トップのブランド力を発信できるよう情報共有の場をつくりたい

row

提案や研修内容

7時間(1日)オンライン型研修 対象者:40名

■3年目までに身につけたいビジネススキルについて

(全体像の共有)

■商談に訪問できない環境下における営業スタイルの現状共有

■今後新しい売り方として考えている戦略を共有しヒントを得る

■ブランド力の素晴らしさを学び、長期的な目標設定を行う

■チームディスカッションによりお互いの活動の刺激を得る

row

成果や効果

全国に支社のある企業様での研修をオンライン実施させて頂きました。

研修を行う上での留意点は、休憩を細かくはさみながら、集中力が途切れないように実施することと、講義形式にならないよう、ディスカッションの場を多く取り入れることでした。

4人チームを作り、ワークやチーム内ディスカッションを行う際は、細かく時間を区切りながら、ファシリテーターを決めて場を運んでもらえる人を選定しておくこと、また、ディスカッション中にコミュニケーションが活性しなかった場合に使える「質問項目」を予めリーダーに渡しておくなどの工夫を行いました。

また、集合研修同様に、全員で研修をしていることを実感できる工夫として、参加者全員が映る画面を共有しておくことにも留意しました。

リーダーを予め決定しておくことで、チームディスカッション中、気づきをまとめたり、いつもよりもお互いに質問しやすくなったりと、「集合研修の時と同じように場を活性化させることが出来た」という感想を得られたり、通常は出張ベースで仕事をしていて移動距離、移動時間を取られてしまう営業担当の皆さんは、新しい売り方というテーマでディスカッションしながら、訪問できない場合の売り方の工夫のヒントを得られ、早速アクションプランに反映させたいといった反応も多数ありました。

オンライン研修は、通常の集合研修と違い、出来る限り投影資料の枚数を減らし、図式化したり、フレームワークをフル活用することにより、一瞬で見て頭の中で理解しやすいように、準備を行います。

 

全体的にワークの様子やディスカッションの内容を細かく把握することが難しい為、チーム内コミュニケーションが出来る限り、受講者の皆様全員で活性化させられるように、工夫して行いました。

 

オンライン研修を受けた皆様は、

・集合研修よりも手軽に受けやすかった

・1日研修は疲れると思っていたが、あっという間だった

・ホールディングスの別会社のメンバーの売り方が参考になった

・話し合いの場がいつもより多く、刺激をもらった

・アクションにすぐに移せそうなことをいっぱい同期から聞けた

といった嬉しい声を多数いただきました。

 

研修資料の見やすさも大きく評価いただき、研修実施後、上司と研修受講内容についてしっかり日常に落とし込むための振り返りとPDCAサイクルに落とすことがイメージしやすいとの事でした。

チームディスカッションでのリーダーの活躍が素晴らしく、

全員で場をつくることが出来き、オンライン研修の効果を大きく評価頂きました。

 

担当講師からのコメント!

オンライン研修を導入する企業様が増えています。研修効果って実際にどうなんだろう?と言った疑問を抱いている企業様も多くいらっしゃいます。また、「受講生が真面目に研修を受けているか、様子が見えないので、難しい」といったお声も多数頂戴します。

当社のオンライン研修では、情報提供型ではなく、ディスカッション形式の場を多く取り入れることにより、受講生同士の気づきを多く得られるように構成しております。

オンライン研修の導入について、テスト導入から考えたいといった企業様は、90分の体験版をお試しいただくことをお勧めしております。

お気軽にご相談ください。

導入事例一覧に戻る